末端冷え性 原因

末端冷え性の特徴について

末端冷え性 原因

 

たとえ体全体はポカポカしていても手足の先だけが冷えた状態を末端冷え性と言います。

 

更年期女性や中高年男性が下半身だけが冷える下半身型冷え性が多く、年齢を問わず身体の中から冷えを感じる内蔵型冷え性がある中で、末端冷え性は10代から30代の若い女性に多い症状です。

 

冷え性の人は、冬よりもむしろ寒暖の差が大きい秋に体調を崩しがちです。
それぞれの症状ごとに原因は異なるので対処法を間違えないようにして健康な体を取り戻しましょう。

 

どの部分に冷えを感じるのか・どれくら汗をかくのか・普段の食事量はどれくらいか・他にどんな症状を感じるかを調べればどのタイプなのかは分かります。

 

末端型の場合、手足だけが冷えていて汗はあまりかかず、食事の量は少なめ。冷えだけでなく頭痛も感じることが多いのです。下半身型の人の場合、上半身はほてりを感じますし、内蔵が冷えていると腹痛や下痢などの症状を引き起こします。

 

身体のすみずみまで血液を行き渡らないことで手足の冷えが起こっていることから、とにかくしっかりと血液を全体に送り出すことができるようになれば改善できます。
まずはその原因となっていることを探って取り除くようにしましょう。
おすすめは冷え子さんの末端冷え性を改善するやり方です。実体験に基づいて冷え性を改善する方法を書いてくれてるので読みやすくて実践しやすいです。

末端冷え性の原因について

末端冷え性 原因

 

ダイエットによって食事の量を減らすことで熱そのものを作り出すためのカロリーが不足していること、運動の習慣がないことから血液を末端まで届けることができる筋肉が不足していることが原因で末端冷え性は起こります。そのため若い女性に多い症状なのです。

 

布団に入っても足先がぬくもらないことから寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりしますし、頭痛や腰痛・肩こりなどの原因となることもあります。肌荒れ・生理不順など末端冷え性から引き起こされる症状は多いです。

 

血液の流れが悪いと心臓から遠い部分は後回しにされ、必要不可欠なところに優先的に運ばれます。
血液が運ばれないままになると栄養も運ばれていきませんし、老廃物も溜まっていきます。
そうなるとさらに血流が悪くなってしまうのです。

 

とにかく末端を温めることが改善方法です。

 

足や手の先だけでなく、首や肩が冷えている場合もあります。
首とともに手首や足首など「首」と名の付くところを中心にしっぱりあっためてあげましょう。

 

しっかりと食事や水分を補給し、血液をサラサラにするとともに、運動したりリンパマッサージをして血液の流れを良くしてあげることで体質改善はできます。